読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

命は美しくて切ない

毎日死ねばよかったのにって思う。原因は相手にあるけど慣れてるから家出して気分癒えるの待ってる。相変わらず酸欠してて息苦しくなる。学校で仲のいい人や友達もいないし最悪の意味で学校に馴染んで日常溶け込んでる。戻りたい過去はないけどもう一度会いたい過去の友達は1人いる。今どうしてるかはぼくには関係ないことそして彼女にも関係ないことただぼくの知らないどこかで幸せに暮らしてればいいなと思うだけ。人は他人に動かされてるように思える。ぼくは他人の生きるための機械なのかもしれない。そして他人はぼくの生きるための機械なのかもしれないさえ思える。書いてることに共感は求めないけど読んだ人の解釈で人それぞれ捉えてほしい。

 

 

 

 

 

どう捉えられてもそれが自分の解釈ならそれでいいとさえ思う。そろそろ秋になる。秋は紅茶

少し寒い落ち葉の匂いがする季節。台風は死骸の匂いがする。夏の梅雨も同じ匂いがする。冬は雪に埋もれたい。映画の人気作は切なくて一瞬で消える儚さがあるよう感じるこの頃。人間恐怖症のぼくからすれば映画やアニメ音楽本ラジオスマホネットとかはなくてはならない存在でそしていつなくなるかわからないものに感じる。あの子が幸せであればいいと感じた理由は彼女の命が尊い一つの命だとわかったから。

美しくて切ない命が終わるまで酸欠して泣きながら生きている。

 

追記

もう寒くなり始めたこの季節。秋。短い季節。未だに彼女を忘れられない。言えることがもっとあったのではないか。なぜ彼女を忘れられないのか。未だにわからない遠い過去の記憶。相変わらず学校は辛くて教師はまともに会議をしない。昨日から実習が二週間。普通に憧れることがよくある。

 

 

 

 

教育とはなんのためにあるのか。少なくても学校がなんのために作られたかは気づいていて勉強はすべての人間に必要なものではないと言うこと。他人はフィクションで自分もまたフィクションである。ただ季節が過ぎ月日が経つこの世界。とても印象的だったあの記憶。今年もまた終わっていく。