読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の文化とインターネット時代の生き方

最近は詩みたいなブログを書いてましたが今日はちょっと違う感じで書きます。

まずコミュ障の人って大半がオタキだと思うんですね。理由はコミュニケーションが上手くとれないからアニメ音楽漫画アイドル本などに逃げてるんですよ。

最近だと「君の名は。」が人気ですよね。

なぜあれが人気になってるかなんですが新海誠さんの絵が美しく実写を超えてることで人気でキャラクターの距離も上手く描かれていることで人気で新海誠さんが新しいアニメを作ることが話題となりネットに広まったことから人気がでているんです。

昔ぼくが生まれる前宇野常寛さんと吉田尚記さんが子供の頃ってネットがなかったかはわからいけどあまり現代みたいにネットに広まったりしない時代だったからアニメがやってて面白くても「これ面白いよ」って言っても広まらないわけですね。

おそ松さんが人気ですが昔の赤塚不二夫さんのおそ松くんは昭和なので確実にネットがないわけですよ。

なので広まらないのですが今のおそ松さんは昔おそ松くんはそれなりに人気はあったのでおそ松さんがやることが決まって声優に神谷浩史さんや櫻井孝宏さんなど人気声優に決まったことで話題になりネットに広まって人気がでたわけです。

学校でいじめとかありますよね。

あれってふたつ理由があって暇なことと閉鎖空間であることなんですね。

いじめの多いのってネットなんですよ。

学校の裏サイトありますよね。

あれもネットの一つです。

いじめはネットの裏サイトのチャットやLINEやTwitterなんですね。

それと今の時代個人情報とかってネットで調べらるんですよ。

Twitterで一部の人だけにスパムを送るいじめが起きてるんですがこれも暇なことと閉鎖空間によるものなんですね。

今ってインターネットの時代ですがインターネットのほとんが現実に変わってしまったんです。

教育を直すべきではないかとぼくは思っていて

この前学校で廊下を歩いていたら「学校って必要ないじゃん!塾だけでいいし」って言ってる生徒がいたんですね。

でもその通りなんですよ。

学校って制服じゃなきゃダメとか授業をしてる時は先生の話を聞けいうじゃないですか。

でも学校なのに小学校はなんで私服で6年間いいのかって思うんですよ。

スマホ預かるなら学校に持って行かせるなというのと同じ話ですよね。

つまり世界を国をよくしたいんだったらまず教育から直すべきだと思うんです。

共感は求めませんがこれって誰もが疑問に思うことだと思うんです。

なので政治とか選挙とか以前に教育を直せって思うわけですよ。

だからね、あまり国を良くすることばかり考えないで世の中のことを考えたほうがいいと思うわけです。